直方体(箱)の鏡面反射画像をGIMPで作る方法


直方体(箱)の鏡面反射

はじめに

フリーで使える画像加工ソフト「GIMP」は、無料なのに高機能でとても便利ですよね。

 

しかし、「高機能すぎて使い方がよく分からない」「難しい」と感じることも多々あるわけです。

 

今回は、アイキャッチで表示したような「直方体(箱)の鏡面反射画像の作り方」について書いていきたいと思います。

 

 

直方体(箱)の鏡面反射画像の作り方

それでは、さっそく画像を作成していきましょう。

 

まずは、普通の鏡面反射画像を作るようにレイヤーを複製します。

 

 

上のメニューから、「レイヤー」「レイヤーの複製」をクリック。

 

 

「レイヤー」タブをクリックすると、レイヤーが複製されていることが分かります。

 

 

次に、ツールボックスから「鏡像反転」をクリックし、「ツールオプション」タブで対象を「レイヤー」、反転の向きは「垂直」に設定します。

 

 

先ほど複製したレイヤーをクリックすると、画像を反転できました。

 

 

次に、ツールボックスから「移動」をクリックし、「ツールオプション」タブで移動対象を「レイヤー」、機能の切り替えは「アクティブなレイヤーを移動」に設定します。

 

 

反転させたレイヤーを真下に移動させますが、「あれれ?」何か変ですね。

 

これが、直方体(箱)の鏡面反射画像を作るときの難しさです。

 

 

もう一度「移動」を使って反転したレイヤーの一部を元のレイヤーに重ねます。

 

このとき、2つのレイヤーの底面の辺の中点が、少し空くように配置するのがポイントです。

 

 

ツールボックスから「自由選択」をクリックし、反転したレイヤーの側面の頂点をクリックして選択します。

 

 

ツールボックスから「剪断(せんだん)変形」をクリックし、選択した側面をクリックします。

 

次に、現れたボックスの「変形率(Y)」を調節し、上の側面と平行になるように変形したら「剪断変形」をクリック。

 

 

いい感じに変形できました。

 

 

右の側面も同じように剪断変形しておきましょう。

 

反転画像の底面が残っていますが、これは後で消してしまいますので、そのままで大丈夫です。

 

 

メニューから「レイヤー」「レイヤーマスク」「レイヤーマスクの追加」をクリック。

 

 

現れたボックスから「完全不透明(白)」を選択して「追加」をクリック。

 

 

レイヤータブをクリックすると、レイヤーマスクが追加されているのが分かります。

 

 

ツールボックスから「ブレンド」をクリックし、「グラデーション」タブから「描画色から透明」を選択。

 

 

レイヤーマスクを下から上にドラッグしてグラデーションをかけてください。

 

このとき、グラデーションの始点を反転画像の下の頂点にするのがコツです。

 

 

うん、いい感じですね。

 

「自由選択」でレイヤーマスクの余分な部分を選択します。

 

 

ツールボックスから「塗りつぶし」をクリックし、選択範囲を白で塗りつぶすと余分な部分を透明にすることができます。

 

 

メニューから「画像」「キャンバスサイズの変更」をクリック。

 

 

幅や高さ、オフセットを調節して、「サイズ変更」をクリック。

 

 

ついに完成しました!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

同じ鏡面反射画像を作るにしても、画像が直方体(箱)に変わった途端に難易度が一気に上がりましたね。

 

GIMPは機能が多く、使い方も難しいので一度に覚えようとせず、必要なものを一つずつ理解していきましょう。

 


記事が少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
アフィリエイトを始めるなら必須の1冊
コピーライティングを学ぶならこの1冊
管理人プロフィール
管理人イメージ

管理人: cue

大学卒業後、ある会社に入社するが、待ち構えていたのは、「月休2日、時間外130時間超」という過酷な労働環境。

「このままでは死んでしまう」と会社を退職するが、未経験者に冷たい日本の雇用市場において、転職活動で苦戦を強いられる。

「就職できないのであれば、自分の人生は、自分で切り開く!」と決意し、ネットビジネスを開始。

「人に喜ばれる仕事をする」ことをモットーに、日々ブログで情報を発信している。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ