おすすめできない副業(その1)「FX」


チャート

はじめに

前回の記事では、

 

  1. 金持ちと貧乏人の格差は、やっている仕事の時給単価の違いから生じること。
  2. 自分の好きなことや趣味で食べていける人はごくまれな存在であること。
  3. ゆえに、副業選びの基準としては「儲かること」を優先しなければならないこと。

 

について述べました。

 

それでは、「儲かる副業」とは一体何なのでしょうか。

 

それを見つけるために、まずは「おすすめできない副業」を知っておきましょう。

 

おすすめできない副業(その1)「FX」

1. FXとは?

FXとは「外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)」のことです。

 

よくテレビの経済ニュースで、「1ドル=●●円」と報道していますよね。

 

あの為替レートは平日の間、絶えず変動しています。

 

その変動差で利益を狙う仕組みですね。

 

たとえば、「1ドル=100円」のときに、100万円を1万ドルに両替したとしましょう。

 

その後、為替が円安方向に進み、「1ドル=101円」になったとします。

 

ここで、持っていた1万ドルを再び円に両替すれば「101万円」になり、1万円の利益を手にすることができました。

 

「理屈は分かったけど、100万円も資金を持っていないよー」

 

と思われるかもしれません。

 

実は、100万円の資金がなくても、4万円の証拠金を口座に預けておけば、100万円分の取引ができてしまうのです(レバレッジは100万÷4万=25倍)。

 

先ほどの例で言えば、「1万円の利益」が出たわけですから、わざわざ100万円の資金を出し入れしなくても、FX会社が顧客の口座に1万円を入金すれば終了しますよね。

 

このように、「円からドルへの両替」と「ドルから円への両替」は必ずセットになっているので、FXでは、取引きで発生した損益だけを口座でやり取りする「差金決済」が行われているのです。

 

2. FXは儲からない

このような「差金決済」の仕組みにより、FXでは少ない資金で多額の取引ができるわけですが、私としては「FX」を副業として取り組むことはおすすめできません。

 

その理由は、

 

「儲からないから」

 

です。

 

「いやいや、それはお前が下手くそなだけだろ!」

 

と思われるかもしれません。

 

そう思いたければ、そう思っていただいても結構です。

 

しかし、私はプロトレーダーを目指して5年ほどFXに打ち込んできた経歴があります。

 

FXの世界については、一般の人より知っているつもりです。

 

3. FXのコツ

FXでは、取引をする際に、自分なりのルールを決めてのぞむことが重要になります。

 

そのルールとは、

 


  • どんなときにポジションを持つのか。
  • どんなときに決済するのか。
  • 損切りは資金の何%以内に抑えるのか。

 

といったことです。

 

これらをしっかり定めておかないと、取引きが気ままになってしまい、儲かっても二度とそのトレードを再現できなかったり、想定外の損失を出してあっという間に市場から退場する羽目になったりします。

 

そして、FXのコツは、

 

「相場の環境をしっかり認識し、自分の得意パターンが出るまで待つこと」

 

です。

 

相場は生き物のようなもので、同じ相場は二度来ないのですが、人間の心理が反映されるため、そのパターンは似通ってくるわけです。

 

そこで、チャートに線を引きながら相場の環境を認識し、自分の勝ちパターンが出たときだけ取引きするようにすれば、ある程度勝率を高めることができます。

 

4. FXトレードの現実

ところがですよ。

 

FX以外に本業がある場合、一日中チャートを眺めているわけにはいきませんよね。

 

必然的に取引ができるのは出勤前と帰宅後ということになるのですが、そうすると、

 

「あぁ~、絶好のチャンスを逃したーー」

 

ということが頻繁に起こるようになります。

 

「じゃ、取引する時間足を長くすればいいじゃないか」

 

となるわけですが、今度は逆に待つ時間が長くなってしまうのです。

 

来る日も来る日も、

 

「あぁ、今日も取引きはできないなぁ…」

 

と画面を開いて閉じるだけの日々。

 

結果的に取引をするのは1か月に数回程度です。

 

もちろん、そのすべてで利益が出せるわけではありません。

 

リスクを抑えて取引するのであれば、1回の損切りは、資金の1%程度になると思います。つまり、100万円の証拠金を預けているのであれば、1回の取引で出す損失は1万円までです。

 

このぐらいのリスクでトレードをした場合、1か月の利益としては「資金の2%」もあれば上出来ということになります。

 

5. FXで必要な資金と税金

「1か月に資金の2%の利益」というと、ずいぶん少なく感じるかもしれません。

 

しかし、年間に直せば、

 

2% × 12か月 = 24%

 

です。

 

トレーダーの世界では、「年20%」も利益を出せたら「超一流」です。

 

毎年20%の割合で値上がりし続ける投資信託があったら、みんな投資しますよね?

 

あり得ないんですよ、そんなもの。

 

仮に、あなたがFXで年20%の利益を上げられるスーパートレーダーになれたとします。

 

ですが、結婚できるかどうかの分かれ目となる「年収400万」を稼ぐためには一体いくらの資金が必要となるのでしょう。

 

400万 ÷ 20% = 2000万円

 

です。

 

FXに「2000万円」もの資金を投じられる人はなかなかいないと思います。

 

さらに、税金の問題もあります。

 

給料で「400万円」の収入があった場合、給与所得は、

 

400万 - 134万(給与所得控除)= 266万円

 

となるので、所得税は、

 

{ 266万 - 38万(基礎控除)} × 10% = 22.8万円(実際は社会保険料控除もあるのでもっと安い)

 

であるのに対し[1]、FXの利益にかかる所得税率は15%となるので、

 

400万 × 15% = 60万

 

40万円近く多くの税金を国に納める必要があるのです[2]。

 

まとめ

以上のように、FXは決して儲かるものではなく、生活費を稼ごうと思ったら巨額の資金が必要となる上に、税金の負担も大きいということです。

 

かつて、お金持ちの知人から、

 

「投資でお金持ちになった人は1人も存じ上げません。お金持ちになった人は皆、ビジネスをしてお金持ちになっています」

 

と苦言を呈されたことがありますが、当時の私は、

 

「いや、実際にFXで生活している人はいる!」

 

と彼のアドバイスを無視してFXにのめり込んだものです。

 

……その結果、「5年」という貴重な時間を無駄にしたわけですね。

 

あなたには、私が過去に犯したような過ちをしてほしくないと思います。

 

出典

1. 「給与所得者と税」(国税庁)(https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/02_1.htm

2. 「外国為替証拠金取引(FX)の課税関係」(国税庁)(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm


記事が少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
アフィリエイトを始めるなら必須の1冊
コピーライティングを学ぶならこの1冊
管理人プロフィール
管理人イメージ

管理人: cue

大学卒業後、ある会社に入社するが、待ち構えていたのは、「月休2日、時間外130時間超」という過酷な労働環境。

「このままでは死んでしまう」と会社を退職するが、未経験者に冷たい日本の雇用市場において、転職活動で苦戦を強いられる。

「就職できないのであれば、自分の人生は、自分で切り開く!」と決意し、ネットビジネスを開始。

「人に喜ばれる仕事をする」ことをモットーに、日々ブログで情報を発信している。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ