なぜ「人生はドラゴンクエスト」なのか?


スライム

はじめに

今、携帯ゲームの「ドラゴンクエスト3(ドラクエ3)」にハマっています。

 

いやー、懐かしいですね。

 

小学生の頃、夢中になって遊んだことを思い出します。

 

当時は、「ゾーマ(ラスボス)」を倒す直前で「冒険の書(セーブ記録)」が消えてしまったので、結局クリアできなかったんですよね。

 

だから、今度こそは最後までプレイして、エンディングまで見てやろうと思っています。

 

それで、大人になってからこの「ドラゴンクエスト」をやり直してみて、

 

「『ドラクエ』って人生と同じだよなー」

 

と思わずにはいられなかったのです。

 

そこで、今回は、「なぜ『人生はドラゴンクエスト』なのか」について述べていきたいと思います。

 

ドラゴンクエストとは?

ドラゴンクエスト(略して『ドラクエ』)」とは、1980年代に「ファミリーコンピューター(略して『ファミコン』)」というゲーム機で爆発的な人気を博したロールプレイングゲームRPG)のことです。

 

私が現在プレイしている「ドラクエ3」は、ゲームソフトが380万本も売れたみたいですね[1]。

 

ゲームをする年齢が義務教育の9年間だとして、1学年の人口が150万人いたとすると、子供の数は、

 

150万人×9学年=1350万人

 

なので、約3.5人に1人は「ドラクエ3」を購入したことになります。

 

恐るべき売り上げですね…。

 

なぜ「人生はドラゴンクエスト」なのか?

では、なぜ「人生はドラゴンクエスト」なのかというと、それはこのゲームの特徴にあります。

 

「ドラゴンクエスト3」の目的は、ズバリ、「世界征服をたくらむ魔王バラモスを倒すこと」です。

 

この目的を達成するため、主人公は仲間とともに旅に出かけるのですが、途中で、魔王の手下であるモンスター達と数え切れないほどの戦いを繰り返すことになります。

 

その戦いに勝利するたびに、主人公達は経験値を得て能力が上がったり、新たな魔法を覚えたり、獲得したお金でより強い武器や防具を購入して、さらに戦闘が有利に進められるようになっていくわけです。

 

このように、

 

「主人公が冒険を通じて成長していくこと」

 

こそがドラゴンクエストの面白さであると私は考えています。

 

これって、人生と全く同じだと思いませんか?

 

まとめ

人生はまさに「ドラゴンクエスト」なのです。

 

それは、もちろん、アフィリエイトでも同様です。

 

ドラクエの主人公が必ず「レベル1」からスタートするように、誰もが初めはビジネス初心者なのです。

 

しかし、一つずつ挑戦し、経験値を積むことによって、上手に記事が書けるようになったり、きれいな画像を作れるようになったり、ブログにアクセスを集められるようになったり、適切に商品をおススメできるようになったりしていくのです。

 

さらに、アフィリエイトの売り上げを再投資して、ビジネスを効率化するツールを購入したり、新たなノウハウを学んだりすることもできるでしょう。

 

 

私達が「ドラクエ」をプレイするとき、いきなり魔王の城に乗り込んだりしませんよね?

 

そんなことをしたら、強力なモンスターに一瞬でやられてしまうに決まっているからです。

 

ところが、アフィリエイトになると、まだ十分にレベルが上がっていないのに、「魔王を倒せる」と錯覚してしまいがちです。

 

あなたは、まだほんの数か月しかアフィリエイトに取り組んでいないのに、「月収数十万」や「月収数百万」を稼げると思っていませんか?

 

あくまでそれは、百戦錬磨のアフィリエイターこそがたたき出せる数字なのです。

 

しかし、どんな主人公であれ、旅を続けていれば、やがて魔王を倒せる日がやってきます。

 

焦らずに、冒険を楽しみながらやっていきましょう!

 

出典

1. 「ドラクエシリーズの歴代売り上げ本数wwwwww」(ゲーハー黙示録)(http://blog.livedoor.jp/aatyu/archives/1923547.html

 

2. 「年齢別人口」(総務省統計局)(http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2013np/pdf/gaiyou2.pdf


記事が少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
アフィリエイトを始めるなら必須の1冊
コピーライティングを学ぶならこの1冊
管理人プロフィール
管理人イメージ

管理人: cue

大学卒業後、ある会社に入社するが、待ち構えていたのは、「月休2日、時間外130時間超」という過酷な労働環境。

「このままでは死んでしまう」と会社を退職するが、未経験者に冷たい日本の雇用市場において、転職活動で苦戦を強いられる。

「就職できないのであれば、自分の人生は、自分で切り開く!」と決意し、ネットビジネスを開始。

「人に喜ばれる仕事をする」ことをモットーに、日々ブログで情報を発信している。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ